保険が絡む月は大赤字です

毎月、簡単な家計簿をつけています。
今月はいくら貯金ができるかという事を楽しみにつけていますが
子供が2人目できてからは、ほとんど貯金ができていません。
しかもまだ2人目は赤ちゃんなのになぜだろう。

検証してみると、上の子が保育園に入園したのがまず大きいです。
諸費用から始まり、保育料、そして4月、5月と催事にお金が要りました。

保育用品・靴などの必要品等を揃え、落ち着くまではなかなか出費がかさみます。
ママ友とのランチがグッと減りましたが、その分仕事の疲れで夜が外食という事も増えてきています。
余裕を持ってやりたいです。

そして昨年末に家を購入した事も第2の要因です。

家賃よりも毎月のローンの方が安くなりましたが、税金や保険料なども予想以上に高くなっています。

その為、ここ1年くらいは少ししか黒字になりません
今年度に入ってからは赤続きです。

そして毎年、保険の請求日は大赤字です。
車の保険・生命保険・学資保険と地獄の保険払いの月はイライラしてしまいます。
おまけに固定資産税も今年から加わっています。

我が家は半年払いか1年払いで保険を払っています。
なので払う時は高額で損したようにも思います。
かと言って毎月払うシステムは永遠な気がしてなかなか気が進みません。

普段から使う時は金額を決めて思いっきり使います。
節約月は実家から野菜やお米をもらい、グッと財布をしめて貯金に専念します。

このメリハリで家計をやりくりしています。

そして私の給料は全部、へそくりとして違う通帳で保管しています。
ママ友とのランチや私の服や美容院代などはそこから出しています。
なので主人にも惜しみなく楽しめます。

保険月は、やむなくそこから出していますが
貯金が出来た月は戻しています。

封筒に食費・養育費などと5分野くらいに分けて出来るだけそれ以上は使わないのを目標にしていますが
交際費と養育費はずっとはみ出します。

その分、食費を浮かしたりでプラマイ0になるようにやりくりしています。

家計簿をつけると本当によく分かります。
私は昔ながらの手書きで、まとめをパソコンで管理していますが
嫌になる事はありません。

これからもっと子供にお金が掛かりますが、遊びまくる老後を夢見て今頑張ります。

結婚をして数年間は結婚前に夫が作っていた借金の返済を必死にしていたので貯金なんてとんでもなくできていませんでした。夫が消費者金融を利用した理由はただの贅沢や遊びです。

消費者金融って本当にお金に困って生きて行くのもままならないとか、急な出費で手元に現金がない、だけど給料日には一括返済ができるなど、計画的に、目的のある借り入れであれば消費者金融がこうやって存在しているので利用するのはありだとは思うのですが・・・

消費者金融について書いてくれているサイトがあります。

⇒⇒【消費者金融】お金を借りるならこのカードローンを利用しよう。

夫の様に自分の欲の為に豪遊をしたり贅沢をしてできた借金なんてありえないと思っています。借金があるのを知ってて結婚はしたのですが、それは返済が大変でしたね。食べるよりも返済。一日でも早く返済してしまいたかったので必死でした(-“-)

 

 

 

消費者金融でのキャッシング

もしあなたの知り合いが無利息という金利で借り入れが可能になる消費者金融を探し求めているなら、即日審査および即日キャッシングも可能になっているので、三井住友フィナンシャルグループのプロミスが、非常にいいと思います。

低い金利だとそれに応じて金利負担も減るということですが、返済に行くときに行きやすい立地のところを選択するとか、様々な視点から自分自身で消費者金融がらみで、比較を試みる箇所がありますよね。

早急にお金を用意しなければならない人を対象にして、当日の場合でも容易に借り入れできる消費者金融を様々な角度から比較してランキング形式でご案内しています。消費者金融を利用する際に知っておいた方がいい基本的な知識なども提供しています。

どんなに金利が安いとしても、利用客は最も低金利の消費者金融会社に融資を申し込みたいと希望するのは、言うまでもないことでしょう。このサイトでは消費者金融金利について低金利で比較して情報を発信していきます。

直で店に入るのは、周りの人の目にさらされるので避けたいと思っているのであれば、ウェブの色々な消費者金融業者を一覧表にまとめたものなどを活用して、金融業者を探してみてはどうでしょうか。

このサイトの内容を頭に入れておけば、あなたでも消費者金融会社で貸付審査に失敗しない為の方策が見えてくるので、骨を折って融資をしてくれそうな消費者金融会社の一覧等を検索して見つけ出す必要もありません。

ブラックリスト掲載者で、審査を通過しやすい消費者金融業者が必要になったのであれば、あまり知られていない消費者金融業者を試験的に利用してみてください。消費者金融の一覧表にまとめられています。

ウェブ上で見つかる消費者金融業者を一覧にした表では、金利関連の情報や限度額というような、キャッシング・カードローン関連の詳細な資料が、わかりやすいように要約して載っています。

低金利の借り換えローンを利用して、一層金利を低くするのも悪くない方法です。でも、のっけから最も低金利の設定になっている消費者金融を探して、借り入れるのが理想的なやり方であることは疑う余地もありません。

一般のクレジットカードだったら、だいたい一週間くらいで審査に受かることができるのですが、消費者金融でのキャッシングの場合は、勤め先や年収額も調査されるので、審査に通ったかどうかがわかるのは約1か月後になります。

消費者金融にて必ず行われる審査とは、利用者側の収入がどれくらいであるのかを確認するというのも目的の一つですがそれ以上に、借りようとしている本人に借金を支払っていく目当てがあるかもしくはないかということを審査するというものなのです。

一般的には、著名な消費者金融では、年収額の3分の1以上になる債務がある場合、ローンの審査が上手くいくことはないと思われますし、借入の件数が3件を超過しているというケースでも同じということになります。

標準の消費者金融会社の場合だと、設けられている無利息期間は結局1週間ほどであるにもかかわらず、プロミスは最大で30日間、無利息なんかで借り入れをすることができでしまいます。

消費者金融会社からお金を借りる時、興味を持つのは低金利についての比較でしょう。2010年6月より改正された貸金業法へと変わり、業法になったので、もっと消費者を守るための規制が強固になりました。

また、最近は女性専用のレディースローンサービスを行っている業者も増えたので、女性の方でも安心ですね。

銀行系ローン会社のカードローンは消費者金融系のローン会社と比較した時、発生する借入金利が非常に安く、限度額も高くなっています。片や、審査の進行や即日融資の決定については、消費者金融の方が断然早いです。

サントリー特茶

最近これを飲んでダイエットしてます。結構効くみたいですよ(*^^)

一番便利だけど気を付けたい消費者金融

急にお金が入用となって、それでも借りた後速攻で返せてしまうような借り入れを行うなら、消費者金融会社が出している低金利を超えた無利息の金融商品の上手な利用も、とても重宝されるべきものになることでしょう。
メジャーではない消費者金融業者だと、人の弱みにつけこんできてでたらめな高金利でお金を貸されるケースが数多く見受けられますので、即日融資を利用して貸付を申し込む場合は、規模の大きな消費者金融業者で借り受けるのがいいでしょう。
審査についての詳しいことをまずはじめに、チェックしたり比較したりしておきたいという方は、見ないと損するコンテンツです。各消費者金融会社が定めている審査基準についてお届けしています。可能であれば、借入に先立って詳しく調べてみてください。
度々完全な無利息で借り受けられる、頼もしい消費者金融なども現実にあるのですが、気を抜くべきではありません。金利ゼロで借りられる無利息という魅力に我を忘れて、借りまくっていては、いつ泥沼にはまってしまうかわかりません。
いまや消費者金融系の業者へ申し込むのも、PCを使う人も増えているので、消費者金融を取り扱った口コミサイトや、わかりやすい比較サイトも数えきれないほど見かけることができます。

単にインターネットで公式に発表されている金利をお知らせするだけでなく、借り入れする際の限度額と比較した時、どの消費者金融が最も有効になるべく低金利で、貸付を行っているのかを比較しております。
消費者金融会社を一覧にまとめて見やすくしました。ただちにお金を用意しなければならないという方、分散している債務を取りまとめたいと計画している方にもおすすめです。銀行系列の金融業者のカードローンも紹介していますのでそちらも参考にしてください。
消費者金融系列のローン会社からお金を貸してもらうのに、最も気になるのは低金利についての比較でしょう。平成22年年6月に貸金業法が改正され、業法になったことから、ぐっと規制の項目が補強されました。
低金利での借り入れができる消費者金融会社をおすすめランキングという形式で比較した結果です。少しでも低金利に設定している貸金業者をセレクトして、効率の良いローンあるいはキャッシングをするべきです。
銀行系列は審査に通りにくく、安心して貸せる借り手を選択して貸し付けています。それとは反対に審査基準が緩い消費者金融は、少しぐらいハイリスクでも、借りれる消費者金融はあるのです。

元来、多くの人が知る消費者金融会社の場合は、平均年収の3分の1以上の負債があると、キャッシングの審査の基準を満たすことはありませんし、債務件数がすでに3件を超えてしまっていてもそうです。
現実に行ってみた人々のリアリティ溢れる意見は、有用でとても大事です。消費者金融系キャッシング会社を利用するつもりなら、先にその業者に関する口コミを熟読することを推奨します。
住宅ローンであるとかカーローンなどと比較を行うと、消費者金融会社でのキャッシングは、金利が高く設定されているというように思えることがよくあるでしょうが、実を言うとそんなに差はありません。
貸金業法の改正に即して、消費者金融業者と銀行は似通った金利帯でお金を貸していますが、金利ばかりを比較したら、断然銀行系ローン会社のカードローンの方が低くなっています。
キャッシングに関係する情報を比較する時は、何が何でもちゃんとした消費者金融比較サイトから検索するのが一番です。結構、たちの悪い消費者金融を取り上げている怖いサイトだってあるのです。

 

自宅で使えるドレナージュの機械

私が今まで買ったもので一番高かったものは、エステサロンで購入したドレナージュの機械です。

当時、足痩せがしたくてエステに通っていました。
エステでは「足のむくみが原因で太くなっている」と言われ、むくみを取って引き締めるコースを契約していたんです。
むくみを取るのにドレナージュという機械を使って、ふくらはぎから太ももに向かってゴリゴリ押し上げていき、むくみを解消していくのですが、そのドレナージュをすると驚くほど足が軽くなりました。
ドレナージュが楽しみでエステに通っていたようなものだったので、サロンの方に「自宅用のドレナージュ機械があるよ」とオススメされたとき、すぐ欲しいと思いました。

ですが、値段が12万円ほどして、エステのコース代金で貯金がなかったため、ローンを組むことにしたのです。学生が今すぐお金を借りることができるところはこちらしかありませんでした→参照:http://xn--t8jm0a454zhgn4m0bc84b.com/
毎月1万円ずつほどの返済だったのですが、それでもローンがあると思うと早く精算したい気持ちになりましたね。
あとはやはり機械なので、ローン途中に故障などしないように、慎重に取り扱っていました。

実際、購入したドレナージュの機械はほぼ毎日のように使っていました。
本当はサロン専用のジェルを使うとより効果があるのですが、ジェル代もけっこう高かったのでさすがにジェルは買わず、市販の安いオイルなどを使っていました。
そのおかげか、むくみを毎日取ることで足は柔らかくなり、だいぶ細くなるのを実感しましたよ。
足はなかなか痩せにくい箇所ということもあり、思い切って買ってよかったなと思いました。

ですが、5年ほどして突然故障してしまったんです。
サロンに持っていき、一万円ほどで修理してもらいましたが、また結局故障をしてしまい、迷いましたがそれ以来倉庫に眠ったままです。
もう充分使い込みましたし、足が細くなったことで私は買って満足しています。

ローンを組んで何か購入すると、その時は手に入った!!と喜びが大きいのですが、実際に毎月返済していくとなると、固定支出となりますので、生活費を圧迫したりするんですよね、、、今までなかった出費が増えるわけですから・・・そういったことも含めローンを組んだら購入できるからっていうので何でもかんでも簡単に購入してはいけないなと思いました。

 

キャバクラ嬢をしていたことは秘密です

まだ人に言ったことがなくこれからも言えない秘密、あります。
結婚してもう10年経ちます。
主人にはまだ言ってないのですが、昔お水をしていたことがあります。
つまり、キャバクラ嬢をしていました。
大学生のころ、色々とアルバイトをしました。
アパレルやレストラン、ホテルの清掃などなど。。
ですが、どれもこれも体力を使いいただけるお金は少なかったんです。
効率をいつも最優先に考える私は、お水に興味を持ちました。
仲良くしていた友達がそういうアルバイトをしていたので、聞いてみました。
すごく稼げるけど精神的にきついとのことで、一度はあきらめたのです。
でもある日、ホテル清掃のアルバイトのあまりのきつさに弱気になってしまいました。
そして、キャバクラの面接を受けに行くことにしたのです。
普段は真面目すぎるほどの真面目キャラの私です。
まさかお水で働くなんて思ってもみませんでした。
しかし、実際に働いてみるとすごく楽しかったのです。
というのも今までのアルバイトは評価されるということがあまりありませんでした。
キャバクラ嬢の仕事はがんばればがんばった分だけ評価され報われるのです。
元々が負けず嫌いだったせいか、商売魂に火が点いてしまいました。
お客さんの名前や特徴、トークの内容をノートに毎日書いていました。
聞き上手になるべく会話術の本をたくさん本を読んで勉強したりしましたね。
今思えば大学の勉強をもっとちゃんとやればよかったと思っていますが、キャバクラで学んだことが多かったのも事実です。
結局そのお店のナンバー1にはなれませんでしたがナンバー2まで登りつめることができました。
結局、お客さんが本気になってしまったりして、すごく大変な思いをして病んでしまいました。
その後辞めてからは一切お水系とは無縁の生活になりました。
親も子供も主人も知りません。
ひとりだけ友達が知っていますが、その友達以外は誰も知りません。
今あの時のお客さんに会ったらと思うとちょっと怖いですが‥。
今となっては良い思い出です。